猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する死にぞこないの青  乙一

乙 一

59

マサオは小学5年生。先生が仕掛けたいじめをきっかけに、クラス全体が同調してマサオいじめに興じる。そして現れたのがアオ。
主人公が小学生というので、のめりこめない壁があったけれど、まだ未発達な精神と最近よく言われる「怖くて逆らえない、自分が悪いんだと思ってしまう…なんていったけ…」そういう気持ちがよく描かれていると思う。読んでるうちになんだか悲惨な結末になるような予感がして、読むのをやめようかと思ったけど、最悪はまぬがれた感じです。現実と仮想現実との区別がつきにくくなっている今の子どもを書いてるようでもあり、そうでないようでもあり…
(追伸)でも、アオのことはなんだか心から消えてくれない。こんなに忘れられない話もめずらしい。
スポンサーサイト

この記事のみを表示するさみしさの周波数  乙一

乙 一

8

高校生くらいの人たちに人気がある乙一さん。私の頭も高校生くらいから進歩してない・・・もとい、退化してるかも?しれないので、素直に読めました。それに、主人公がなんとなく今風で(もちろんそうじゃない人もたくさんいるけど)、物語もてんぽよく進んでいく。肩を張らずに読めていい感じ。きっと1冊読んだら、もっと読みたい、という人のために、もうすぐクリスマス、「くつしたをかくせ」をおすすめします。いや、やっぱりミステリーのほうがいい?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。