猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する天地人 (下)

火坂雅志

☆☆☆
天地人

下巻はまた少し面白みが出てきました。
戦乱の世の残酷なシーンがない、人物描写もイマイチ、でも、さらりと読めるのも長所かもと思ったりしています。何しろ、刀で散切りに斬り合ったりするわけですから想像すると怖ろしいものはあります。それでも、この時代の人間模様は面白くて、ほんとはもっと色がついてる方が好き。

直江兼続はカッコイイというけれど、あんまり伝わってこなかったなぁ・・・「義」を重んじる、民を大切にする。自分の心は犠牲にしてもそれを貫く姿勢は好きだけど、今一つ個性が出てこない。今回は家康のことが嫌いになったけど、家康側から見るとどうなのかしら?そっちの方に興味が出てきました。
スポンサーサイト

この記事のみを表示する天地人 (上・中)

火坂雅志

★★★
天地人

「天を衝く」を読んだとき、秀吉側の本を読んでみようと思っていました。
ちょうど去年のドラマがこれだったので、一気に読んでしまえたのですが、どうも私は高橋克彦さんのファンだったらしい…(*^-^*)ゞ今頃わかったのか、って感じだけど。
史実に基づいてきっちりと書かれているのか、あっさりしててこちらの想像で読めると言えばそうなんですが…どうも、作品にのめりこめないところがありました。教科書を読んでる感じ。主人公の直江兼続についてもしかり。義を重んじ、「愛」を掲げる直江兼続の魅力が伝わってきません。残すところ後下巻のみですが、これからどうなんでしょうね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。