猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する森は海の恋人

畠山 重篤

★★★★
森は海の恋人

なぜ、漁師が山に木を植えようと考えたのか?
「森は海の恋人」というキャッチフレーズは、人をひきつけ、言葉の力でみんなを動かした。海の人だけでなく森の人も、子どもも大人も牡蠣や帆立の養殖を通して環境の大切さを知る。

牡蠣や海苔の養殖には、豊かな海が欠かせない。そのためには森と川が大切だ。森の養分が川から海の水に入り、カキの中にある。生活排水や農薬はいらない。

もっと詳しく説明すると、牡蠣の餌である植物性プランクトンが育つためには、リンや窒素、ケイ素などの肥料分が必要だ。でも微量の鉄がないと、牡蠣は養分を吸収することができない。木の葉が腐って腐葉土になると鉄イオンと結びついて、植物プランクトンに吸収されやすい鉄が出来る。これが川の水によって海に運ばれる。つまり、川の上流の森には、針葉樹林でなく広葉樹林が必要なのだ。

長崎の海はどうだろう、国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防開門問題。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。