猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する太陽のパスタ、豆のスープ

宮下 奈都



★★★
突然、婚約破棄を言い渡され目の前が真っ暗になった明日羽。
ここまで読んだとき、「食堂かたつむり」を思い出す。

大きな挫折をきっかけに仕事や人生を見つめ直す姿を描いた明日羽のものがたり。
これを読むのは、やっぱり20代くらいまでかなぁ、さらっと気持ちよく読めるんだけど世代が違うって感じでありました。
スポンサーサイト

この記事のみを表示するスコーレNo.4

宮下 奈都



★★★
可愛くて自由奔放な妹の七葉とちょっと地味で落ち着いた主人公の麻子。いつも七葉に引け目を感じている。でもいつも一緒の仲良しだった子ども時代。成長して同じ人を好きになる。仲良しだからわかる相手の気持ち。
離れて暮らすようになって、平凡な麻子が一人の女性として自信をもっていくその過程がなかなかいい。

うちの長女と次女の関係みたい。これから大人になって姉妹仲良くなってくれるといいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。