猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するメタボラ

桐野夏生

☆☆☆☆
メタボラ

話の筋とは別に、家族とはと考えさせられた本でした。
壊れていく家族、その中で生きようと必死にもがいている母と娘。死を選んだ父、そして集団自殺を図った主人公。前半はつまらなくはないが じつは興味を魅かれない対象の本だ・・・と思った。我慢して読んでいるうちに、主人公ギンジが記憶喪失になった背景がわかってきた。ジェイクやギンジの記憶喪失後の新しい生き方には興味はない。今時そんな話ごまんとあるだろう。
詳しく書くと、個人的な部分に触れそうなので書きたくない。

スポンサーサイト

この記事のみを表示する愛がなんだ 角田光代

角田光代

☆☆☆
愛がなんだ

う?ん、わからないでもないけれど
タデくう虫もすきずき・・・というし
こんな関係で世の中均衡を保っているのかもしれない。
山田テルコ、がんばれ!と応援したくもなる。
仕事も、プライドも全てを投げ捨てて、男に尽くせるほどの恋をしたんだと思えば、羨ましいような気もする。
俺様男、嫌いじゃない・・・
でも のだめくらいの恋がしたいな?

この記事のみを表示するボーイズ・ビー  桂望実

桂望実

☆☆☆☆
ボーイズ・ビー

息子に読ませたい本かな。
お母さんを亡くした小学6年の隼人は、小学1年の弟がいる。
弟の世話をしないといけないから、泣いてはいけない。
お父さんは消防士だから、家のことで心配かけちゃいけない。
だけど、お母さんがいなくて淋しいのに、皆が小さい弟ばかり気にかけていて、隼人の淋しさに気づいてもらえない。
そんな時出会ったのが、靴職人の栄造さん、以前のよう靴ができなし、近所付き合いもめんどくさい偏屈じいさんです。
栄造さんは、ピンと張りつめた隼人の気持ちを緩めてやろうと相談に乗ったのがきっかけで、連帯感が生まれてくる。
読みやすくて、ストレートな表現は朝の読書向きかな。


この記事のみを表示する夜の公園  川上弘美

川上弘美

☆☆☆
159

この作品はとっても理性的な人、堅実な人には理解できないだろうなぁ。
自由奔放で、生活感がない。もっとしっかりしてよと言いたくなるかも。
でもね、若い頃のことを思い出してみると案外こんな感じだったかもと思うんです。こんな危うい、自分がどうしたいのかよくわからないというような、そんなところをさまよって、いろんなことに気づいていくというか・・・
だから「夜の公園」というタイトルはぴったりかも
昼間の健康的な空間が 夜はなにやらぞわぞわとした感じがする。

この記事のみを表示する血涙  北方謙三

北方謙三

155

10月に読んだ「楊家将」の続編です。
「楊家将」の続きが読みたい!そんな終わり方でした。
そして、こんなにドキドキしながら読み始めるなんて久しぶり。
「楊家将」での死闘から2年後、四郎は遼国へ連れ去られ、五郎は行方不明。六郎と七郎が楊家を再興します。
立ちふさがる耶律休哥と石幻果。
戦場で六郎と石幻果が刃を交えた瞬間、悲劇が始まります。
戦によってもたらされるもの、失うもの、そこに渦巻く思惑。なんとも哀しい物語でした。

この記事のみを表示する楊家将  北方謙三

北方謙三

148

BOOKデータベースより
「舞台は10世紀末の中国である。宋に帰順した軍閥・楊家は、領土を北から脅かす遼と対峙するため、北辺の守りについていた。建国の苦悩のなか、伝説の英雄・楊業と息子たちの熱き闘いが始まる。」
上手くまとめられそうにないので、ちょっと手抜きだけどこの物語の始まりをコピペしました。
とっても面白かったです。面白かったという表現は当てはまらないんだけど、息を呑んで読みすすめました。
でもどうして私の読む歴史ものは最後は悲しいんでしょう・・・
この気持ちを雪ぐため、この続きを読みたい!
といっても続きあるのかな・・・

登場人物、特に楊家の一族は個性があってすぐになじんできます。どの兄弟もそれぞれにいい男ですが、私が好きだったのは四郎、あれからどうしたんだろう・・・知りたい。四郎延朗はどこか冷めている、それがすこしづつ変わっていく、父や長男延平、瓊峨姫によって。将としても成長していく。耶律休哥に助けられたあとはわからない。
下巻では楊業と息子たちの前に、「白き狼」と恐れられている耶律休哥が立ちはだかる。たのみの宋軍将軍たちは一筋縄ではいかない。次々と難問を突きつける。そして滅びゆく人たちの叫びが戦場にのこる。
いつの時代も戦いによって民も将も死んでいく、一体何のための戦なのかと考えてしまう。

この記事のみを表示するおめでとう  川上弘美

川上弘美

144

なんと8月まだ2冊目…
川上さんの文は好き。のほほんとした文の中に時々出現する文語体、や古語それがなんだか心地いい。主人公の名前だっていまどきないような鳩子やら竹雄。
そしてこの「おめでとう」には12の恋の物語がおさめられている。ちょっと切ないような、うふふと笑えるような、心の中の気づくか気づかないかの細やかな気遣いとか、そんなしみじみとした心が描かれている。
なんだかいいなぁ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。