猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する天を衝く

高橋克彦

★★★★★
天を衝く 天を衝く3

秀吉に喧嘩を売った男たちの最期、涙で読めませんでした・・・
完全に九戸党のとりこです。
「火怨」も「炎立つ」も蝦夷のこころに動かされました。源氏の血をひくといえど東北に生まれ育った九戸政実は、蝦夷の情念を貫いた武将なのでしょう。
それにしても、冷静に感想をかくとすれば「火怨」「炎立つ」「天を衝く」どれもよく似ています。それでものめりこんでしまうほどの魅力が九戸政実にはあります。
信直のやり方も、そちら側に立てばもっともと思うところがあるのですが、主人公が九戸政実ですから…つい感情移入をしてしまいました。カリスマ的指導者や新興宗教ってっこんなものかもしれないですね。
スポンサーサイト

この記事のみを表示する天を衝く 1

高橋克彦

☆☆☆☆☆
天を衝く

戦国末期の東北地方、南部の武将、九戸正実を描いた小説。
「火怨」から「炎立つ」につながる「天を衝く」の北の武将の男気はたのもしい。
戦の場面が多いけど想像しないことにして…(*^-^*)ゞ 勝てる戦しかしないという九戸正実、相手の裏を読んだ緻密な戦略と、裏で動かす駒は小気味よい。数々の戦いを制して1巻は九戸党のこれからの方向を定めるまでの話。

この記事のみを表示する最後の恋  角田光代 他8名

谷村志穂

☆☆☆
最後の恋


女性作家8人が書いた、人生に一度しか訪れないような恋の話。
1ヶ月もかかって読み終えました
はじめの数編がのらなくて・・・
でも松尾由美の「わたしは鏡」あたりから面白かったよ
「美容院で最後に使われる背面を写すための鏡の恋」に託して
性同一性障害の女の人の思いを書いてあります。
この「背面を写すための鏡の恋」、小説の中の小説なんだけど
これが良かったんだ。
片思い、片思いって切ないようだけど、いいなぁなんて思ったんです。
これは私個人のとらえかたかもしれないけどね、
なんだか、押しつけがましくなくて、迷惑もかからないし
他のもそれなりに読めたけど、
一つずつ感想を書くのがなんだかなんだかで
それで省略・・・笑



この記事のみを表示する海猫  谷村志穂

谷村志穂

☆☆☆☆☆
160

一気に読んでしまいました。
恋愛ものでこんなに一気に読んだのも久しぶり
たいがい途中でうんざりしてくるのに、忙しい中4日で読んでしまいました。バスの中、歩きながら、料理しながら・・・
あらすじを書くと面白くなくなりそうなので
出だしだけ、薫はロシア人との混血。「セルロイド人形のような」美しさで、かえって敬遠されています。孤独で、それでいて強くて「海猫」のような目をした女と表現されています。
その彼女が漁師の邦一と結婚し、幸せな家庭を築いていこうとします。そこに邦一の弟広次が絡んできて・・・
薫とその母タミ、薫の子ども達3世代にわたる女の一生の物語です。
映画化されたようなのでそちらの書評も読んでみました。
見てないのでよくわかりませんが、本だと性の描写も気にならないし、さらりとしています。登場人物それぞれが魅力的でした。私が好きだったのはやはり広次、仲村トオルとイメージが重なると最高かも(;^_^A
邦一が退院した日、広次が夜中に「いやだ」と泣いた様子が忘れられませんね?。邦一にしても薫を愛しているがゆえにこうなったといえば、何となくかわいそうな感じです。
そして残された娘二人、それに薫の母タミの生き方もまたよかったなぁ?


この記事のみを表示する余命  谷村志穂

谷村志穂

☆☆☆☆☆
157

私的には好きなタイプ
話の内容としてはよくある内容なのですが、主人公の滴も良介も好きなタイプ。両方に共感できるなんてあんまりないので星5つ。
外科医の滴が結婚10年目にして授かった小さな命。喜びもつかの間、若い頃患った乳がんが再発する。選択肢は2つ。
癌の治療をするために子どもを諦める
命を削って子どもを生む。
滴は後者を選択しました。外科医であるがゆえに自分のおかれた立場が死を意味することはわかります。
そばにいる良介は同じ医大生でしたが、医師にはならずカメラマンとして、滴を支えていきます。家庭は滴の経済力で成り立っているようなものですので、今の日本の考え方ではダメな旦那様かもしれませんが、私は大好きです。ホントはこんな選択肢がうらやましいかも。仕事に生きがいを感じている滴も良介の支えに感謝しています。だから幸せそう・・・。

でも、私に滴の選択ができたかどうか・・・。
生まれてくる子どもが幸せになれるか
残される旦那にとって子どもが邪魔にならないか
そう考えるからです。
でもそれができたのは、お互いに愛し合っているという繋がりがあったからなんですね。
信頼、尊敬、愛情そんな事をつくづく考えさせられました。
とっても綺麗な哀しいお話でした。

この記事のみを表示する黒い天使になりたい  谷村志穂

谷村志穂

149

「楊家将」の余韻を引きずって読み始めたので、しまった?
と思ったんですが、「愛しのガリガリ君」あたりから面白くなってきました。
『携帯電話が紡ぎ出す<ナニカ サミシイ>愛の形を哀切に描き出す感動作22篇。』が収められています。
誰のHPから選んで予約したのか忘れちゃったけど、今時のお話なのに、なんだかふわっとしたものが伝わってきます。
「日曜の夜のラジオボイス」「風の岬」なんか好きだったな。

この記事のみを表示する炎立つ 巻の伍

高橋克彦

142

最後の巻を読み終えました。
「火怨」を書いた高橋さんの作品だと納得しました。
4巻で栄華を極める奥州藤原三代黄金文化の礎を築いた清衡の話だと気付き(遅い!(;^_^A ) 5巻はその終わり。
でも泰衡の「この国は手前一人のものにござりません。民それぞれのもの、これからは民が自らの国をまた作って参りましょう。・・・蝦夷の誇りを残してやることが棟梁としての手前の役割・・・」と終わる。
高校生のとき読みたかった、もっと日本史が好きになっていたはず・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。