猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する 半分のふるさと イ・サンクム

イ・サンクム

25

この物語には、在日朝鮮人や韓国人の苦しかった時代が書かれている。日韓の植民地関係の事実や日本人の差別、そして韓国人の考えなど、著者の生活の中から具体的に知ることが出来る。私たちは歴史として知ってはいても、その時代を生きた人たちの声として聞くことで、理解し、共感をもてるのではないか。かといって、被害者意識で書かれた本ではない。生活する中で起こった事実を、感じたままに記録している。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。