猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するパルモア病院日記  中平邦彦

中平邦彦

1

蔵書整理が始まりました。ちょっとネクラな作業ですがけっこう好きな仕事です。今日はNHKのプロジェクトXであった、パルモア病院の本が見つかりました。
赤ちゃんは成人では耐えられないような状況を乗り越えて生まれてきます。乳児死亡の大部分がこの出生時に、そして身体障害のほとんどが胎内と出産時前後の周産期に起こります。三宅先生は日本で初めてこの周産期病院を設立し、その半生をささげました。これから親になる人にぜひ読んでほしい本です。小さな命を救うために、活動してきた三宅先生に感謝しています。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。