猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する千の風になって  新井満

新井満

38

悲しいお別れをしてきました。
私の好きな友達のとっても優しかった息子さんの式です。19歳になったばかりでした。急性心不全の突然の知らせでした。
「私もついていきたい・・・」その気持ちがよく分かります。私が同じ立場でもそう思うでしょう。順番にゆく死なら諦めもつきます。
残された親の気持ちが分かるようになるのは、自分が親になった時かもしれません。親のことを思いやれるようになれるのも、子どものことを思う気持ちも、こうして家族がでたから?子どもに育てられたこの気持ちを大切にしたい。

  私のお墓の前で 泣かないでください
  そこに私はいません 眠ってなんかいません
  千の風に
  千の風になって
  あの大きな空を
  吹きわたっています     
 続きはブックトークから読んでください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。