猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する風に舞いあがるビニールシート

森絵都

☆☆☆
風に舞いあがるビニールシート

器を探して 
犬の散歩  
守護神  
鐘の音   
ジェネレーションX 
風に舞いあがるビニールシート
どの作品も楽しく読めました。
森さんの作品は、「いろんなことがあるけど、前向きに頑張ろう」って感じで、
児童書としてはとてもお勧めなんです。
読みやすいし、直球って感じで。だけどもの足りなさもあるんです。
短編だからかもしれないですが。

風に舞いあがるビニールシートのなかで気に入ったところがありました。
何日たった後でも思い出せるかメモしないでいたのですが
思い出せない・・・ということは、いいお話すぎたのかしら・・・
たぶん、エドが別れる時言った言葉なんだけど・・・
書き留めておけばよかった。
ちっとも感想になってないですね、 ( ̄▽ ̄;
スポンサーサイト

この記事のみを表示する永遠の出口  森絵都

森絵都

67

「児童文学の枠を超えて綴られた初めての作品」と紹介されていたので読んでみました。生徒には人気のある作家さんです。
時代背景がとっても懐かしく、「ああそうだったな」って思うところがたくさんありました。調子よく読めます。(一晩楽しみました)
小学生の頃の黒魔女とのことや、反抗した中学生、青春真っ只中の高校生と成長していく過程のなかで、人の分析が面白い。
まだ永遠の出口がどこなのか分からない私です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。