猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する 若者・アパシーの時代  稲村博

稲村博

4

平成元年に出版された本です。漱石の遊民と比較したところも面白かったけれど、2025年、これからの若者を予測した内容など、中間地点の今を考えると的中しているのが恐いです。そして、その解決がいかに難しいかも、ため息が出そうです。ほんとに、ひとつひとつ変えていかないといけないんですね。身に覚えがあるので考えさせられたなぁ?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。