猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する出口のない海  横山秀雄

横山秀雄

83

人間魚雷回天に乗ることを志願した並木浩二。野球のこと、友達のこと、恋人美奈子のこと、戦争のこと、回天で出撃するということ、その気持ちの揺れが綴られている。バスの中でぽろぽろ涙がこぼれた。(いつもバスの後ろから2列目に座って本を読む、空いているので結構笑ったり泣いたりできる)
「横山さんの書く文は無駄がなくて、読みやすい。形容詞の使い方が私好み、だけど内容がもう一つぴったりこない」と思ってたけど、この本には参ったなぁ?
ここのところ本を読んで感動しっぱなしかも・・・
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。