猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する空中ブランコ  奥田英朗

奥田英朗

91


「イン・ザ・プール」より面白かった。精神科医の伊良部先生にも免疫がついて・・・
読んで笑ってそれで終わりっていう本も好き。「ハリネズミ」なんて私も先端恐怖症の毛があるから、笑った笑った、秋刀魚で恐怖を感じるなんて最高。次の「義父のヅラ」なんかも、私がヅラをはがしたい衝動に駆られたりして、これまた笑ってしまったよ・・・
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文
ジャンル:小説・文学

この記事のみを表示するイン・ザ・プール  奥田英朗

奥田英朗

88

始めの二編くらいまでアハハと笑って読んでいた。この前までの作品が気張って読まないといけなかったから、さらりとね、読んでたんです。
ところがフレンズあたりから、私も息子も予備軍じゃないかと思ったり、それじゃ伊良部先生みたいに、こだわらず別の角度から物事をみてみようとか、思ったわけです。いいかげんのようで、的を得ていて、なんだかおかしい。だけど、あんまり深く考えるのはやめよう。
欲望の赴くままに行動する精神科医、伊良部先生は変人。を装って治療しているのかもしれないけど、子どものようだ。その医者にかかる患者も、ある意味深刻な患者でもない。でも、言ってることはどれも的を得てる。とにかく笑って読める。
あ?なんだかまとまらない。

テーマ:読書感想文
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。