猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する機関車先生   伊集院 静

伊集院 静

107

瀬戸内海の小さな葉名島、全校生徒7名の小学校に、北海道から臨時の先生が来た。吉岡誠吾、機関車先生。体が大きくて、やさしい先生。でも口がきけない。
るびもうってあるし、内容もストレートでわかりやすくて、でも感動的で、息子の朝の読書用にぴったり。
本当の強さって何?差別って?優しさってなんだろう?
間違っていることは間違っているといえる人になろう。
みんなが幸せになる権利があるんだ。といったことがわかりやすく書いてあります。
でも現代の中高生には素朴すぎるかなぁ?
こんな先生に出会ってほしいな。と思いました。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。