猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する悪人  吉田修一

吉田修一

☆☆☆☆☆
悪人

予約して、待って待って手にした本なのに、すごく忙しくて貸し出し期間内に読みきることができませんでした。泣く泣く返却。次ぎまわってくるのはいつだろう?とりあえず忘れないために、半分までの感想を書きとめておくことにします。☆の数は増えるはず・・・

吉田さんの書き方は淡々としてしていて、のめり込んで読む感じじゃないんだけど、人の心を思い巡らしながら読むも好き。前半ですでに犯人が分かるんだけど、犯人探しでなくてどうしてこんなことになったんだろうとその人の生い立ちや、環境などを読んでいくのが子守唄のように心地よくて、山登りで疲れた私は何度眠りに落ちたでしょう・・・。前半はその山登りのルートが面白くて読みすすめたようなもの、きっとこれから・・・というところで時間切れになってしまいました。挫折したんじゃなくて、たぶんこの本まだあと3ヶ月は届かないから、その頃は山登りも一段落してると思うから、そのときの楽しみにしよう・・・

10月26日
本が届きいっきに読み終わりました。前半に比べて後半はやめられないくらい面白いです。面白いという表現は当てはまらないのだけれど・・・

祐一を優しいとみるのか、悪人=変質者とみるのかその辺が読む人にとってはこの本の評価が変わってくると思うけど、たいがいは祐一を好意的にとらえるのではないかとおもいます。

出会い系サイトで知り合った男女の話。表面的にみれば祐一は悪人だけれど、誰が悪人なのか、誰でもその要素は持っているようだ。殺された佳乃にしてもその行動や言葉は悪意に満ちたものもあり、容疑者の一人としてあげられた増尾にいたっては現代的で短絡的、「おまえに大切なものはないのか」と佳乃の父に問われたように、薄っぺらい人生を送っている。
被害者の女性の両親もよく描かれている。祐一を育てた祖母も好きだ。そして最後の最後で、自分の利益を捨てて光代を守った犯人、 祐一の優しさが何より心に残る。
スポンサーサイト

この記事のみを表示するあなたと、どこかへ。  吉田修一他7名

吉田修一

145

「日産TEANAスペシャル・サイト発信、8人の短篇の名手が書き下ろした、8つの愛の情景。」と裏表紙に書いてありました。
一緒にドライブする「あなた」が弟であったり、夫、元彼女、元彼、昔の思い出、好きな本などで、こんなドライブしてみたい…と思えるような内容でした。なんだかいい話。
石田衣良の「ぼくたちは一番大事なことは誰にもいわずに、きちんと挨拶や仕事をして、何とか日々をやりくりしているのだ。それに疲れると、こうして本を読むだけの寂しい旅にでてみたりする」というところにふっと共感を覚えたりもする。
角田光代の現実に疲れて引きこもった姉とドライブする弟の話も、よかった。
林望のお互い20歳で結婚して、20になった娘の誕生日のドライブもよかった
でもどれもこれもいい話すぎるのもしゃくにさわる。
ひねくれもんです。

この記事のみを表示する最後の息子  吉田修一

吉田修一

144

長崎出身の作家なので読んでます。
芥川賞をとった「パークライフ」より好き。
学生、フリーターなど、社会に出て一人前の人間となるまえのモラトリアム(古い言い方かも、今はなんていうんだろう?)の時代を書いている、青春小説?
「最後の息子」「破片」とも平凡な日常の生活から、登場人物の心を想像できるんだけれど、どちらも一つづつ心に残っている。だけど、言葉に表現できないんです…
「閻魔ちゃん」かわいい、おかまの閻魔ちゃんがどうしても変えることのできない事実、「あなたを最後の息子にする」事に対する罪悪感?遠慮?そう言う思いが、なんのかのと言っても心のわだかまりみたいにあることが人間らしくて好き。
「岳志」ストーカーみたいでちょっと怖いけど、こんな風な愛し方ができるなんて小説だったら可。なりゆきみたいに一緒に住んでいる「ぼく」が別れを決意したのは、岳志の好きな人を守ろうという思い。家族や周りの人の言葉をどう受け止めるかが、この作品の読み方のポイントかも。
最後の「Water」これは、私としては面白かった。
中・高と水泳部をやってきて共感する部分が多くて、それに、上の2つとは違って、話がストレートでとってもわかりやすい。こういう時代を過ごしてきたかも?

この記事のみを表示するパーク・ライフ  吉田修一

吉田修一

5

まだ学生だった頃、「されどわれらが日々」を読んで同じ気持ちになった。読んでいるときよりも、読後「それでなんだったんだろうか・・・」と。cafeの雰囲気も、写真展の場面も、あとから自分の中で重なって思い出される。都会で暮らしていなくても、わたしもこの気持ちが共感できそうだ。ドラマのような展開はないけれど、日常はこんな展開をしていくものかもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。