猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する死亡推定時刻   朔 立木

朔 立木

121

冤罪ってこんなふうに作られてきたのでしょうか?
小説なんだけど、どこまで警察のことを調べて書いてあるのかな?こんな風に今でも取り調べがされているんだろうか?そんなことを考えながら読みました。
後半の推理が爽快だった。前半はこれでもかこれでもかと警察が作り上げた供述に「違うって言わなきゃ」と思いながら読みました。でも人間の心理ってこんなものかもしれません
「逃げればいいのに」「嫌だと言えばいいのに」「違うとどうして言えないの?」と簡単に思ってしまうことでも、当事者はその時できる少しでもましな方を選んでしまう。そうさせられてしまう、そんな心境になるのかもしれないですね。
そして、後半の裁判もいろんなしがらみやなにやで、公正な裁判ができないなんて、これも納得がいきませんよね。現役弁護士が書いているので妙に気になる本でした。
これは小説なの?それとも告発なの?誰か教えてください・・・って感じです。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。