猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するパズル  山田悠介

山田悠介

124


息子に薦められて読んだ本。
「リアル鬼ごっこ」で名前だけは知っていたけど、どうもうさんくさい装丁の本だし手が出なかったんだけど、どんな本を薦めてくれたんだろうと思って読んでみました。
結構夢中になって読んでしまいました。
小中学生にも読めるくらいやしい本です。「リアル鬼ごっこ」では「バトルロワイヤル」と比較されていたこともあって、あまりいいイメージは無かったんだけど「パズル」について言えばそういう雰囲気もなく、読書のきっかけの本としては入りやすいんじゃないかな。
「2000ピースのパズルを探せ、さもなくば、最悪の教師が死ぬ。君ならーどうする?」 『リアル鬼ごっこ』を超えた死のゲームが今、始まる!と紹介されてるけど、それほど過激でもなく、内容が無いわけでもない。
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。