猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する家守綺譚  梨木香歩

梨木香歩

☆☆☆☆☆
163

面白くてやめられないタイプの本ではないけれど
しっとり溶け込んでくるような感じのお話でした。
todoさんありがとうございました。
娘から読まされた「西の魔女…」とはまったく違う景色が広がります。
「つい百年ほど前の物語」。亡き友人の家に「家守」として住むことになった文筆家の綿貫と、彼に恋する百日紅、この世ならぬもの達との仲裁をする犬ゴロー、時々現われる亡き友、そして彼を取り巻く河童や妖怪、木や草の精、人魚などとの生活が趣深く、ユーモラスに語られています。
不思議なはずの光景が軽やかに28話。
花の好きな人にはその花のもつ味わいとともに楽しめてお勧めです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。