猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する風が強く吹いている  三浦しをん

三浦しをん

☆☆☆☆☆
面白かったよ?

走り抜けるように、一気に読まないではいられない作品です。
面白かった?
最初の設定はちょっと無理があるかな?
と思って読み出したのですが、
竹青荘の住民たちがとても魅力的で、気にならなくなりました。

清瀬灰二は竹青荘の住民が10人そろったからということで
箱根駅伝を目指すことを提案します
陸上の選手は清瀬灰二と蔵原走だけで、後は素人です
箱根駅伝までの練習を積む間のかかわりもジーンときますが
箱根駅伝を走っている時の感動も、思いやりも
悲しい話ではないのに涙があふれます。
走のつっぱった性格もそれなりに好きだったし
神童やムサ、ゆきのキャラも好きです。
青春小説かな、とても共感できました。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。