猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するハルハルハル  古川日出男

古川日出男

☆☆
ハルハルハル

これは若い人にはいいかもね
だけど、私にはちょっととばしながら読みました。
読んでいてだるい。
登場人物は、皆現代の問題を象徴したようなかんじ。
母親に捨てられた少年、家出を繰り返す少女、
リストラされて鬱病を煩い妻にも逃げられたタクシー運転手
でも話はテンポよく軽くて、現代風。
内容はよく読めば考えさせられる点もたくさんあり
なかなか収穫はあると思う。
だけど どこまでこんな危うい人たちの気持ちがわかったのか
つかめてない、まだ、私の思考回路で判断できるところしかわかってないかも。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。