猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する正義のミカタ  本多 孝好

本多 孝好

☆☆☆
正義にミカタ

一気に読めたけど、面白かったのかと言われると
まあまあってかんじ。
高校まで いじめられっ子の亮太が、大学へ入ったら
心機一転楽しい学生生活を送ろうと考える。
だけどそこには亮太をいじめ続けた畠田がいた
こてんこてんにやられていたところを、強?いトモイチにたすけられ
正義のミカタ研究会に入部。
友達も先輩も彼女らしき人もでき、大学生活は楽しく変わった。
こんなに現実うまくいくはずがない・・・と思いつつも痛快。
この本の考えさせられたところは、ここから
正義のミカタ研究会が潜入調査として
亮太とトモイチを送り込んだサークルで繰り広げられてた
人間模様・・・亮太は本当の正義とはと考える・・・

本当の正義って何だろう、私の中ではちょっとウヤムヤで終わった
突き詰めて考えるのが面倒なのかもね <(_ _)>
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。