猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する永遠の0  百田尚樹

百田尚樹

☆☆☆☆☆
ちょっと読めます

くままさんのおすすめ本。ありがとう!とっても感動しました。
零戦、特攻、戦争モノそんな気持ちで遠ざけないでください。激動の時代を生きた人達の気持ちが伝わってくるお話しです。舞台は太平洋戦争、零戦パイロットの話です。
人生の目標を失いかけてぶらぶらしていた主人公、佐伯健太郎が特攻で戦死した祖父のことを調べ始めます。初めは姉から頼まれてしかたなくだったのが、祖父の元戦友たちの昔話を聞くうちに、祖父の生きた時代、人を愛する気持ちがしみじみと伝わって、戦争がなんだったのか、人を愛するということはと深く考えるようになります。
そして、祖父・宮部久蔵の生き方は当時の日本人としてはそぐわなかったけれど、「生きて家族のもとへ帰りたい」という強い願いが周りの人に理解され尊敬されていきます。やがてそれが強い絆となり、一つに繋がっていきます。その一つに繋がったところが不思議で、哀しくて、強くてなんとも・・・・
特攻、回天、桜花、日本人の考え出した兵器のなんと恐ろしいこと・・・
いろんな人の話が、それぞれの角度から考えさせられてよかった。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。