猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する平成大家族  中島京子

中島京子

☆☆☆☆
平成大家族

ばんぶーさんお勧めの本でした。
笑えて、ちょっと考えさせられて、内容を突き詰めれば重くなりがちな内容をさらっと書いています。
読みながら、我家も平成大家族になるかも・・・なんて思いました。

歯科医・緋田龍太郎と妻の春子、妻の母のタケ、ひきこもりの長男克郎が静かに暮らしていた家に、嫁いで行った娘達が、夫や子どもを連れて帰ってきます。理由も現代風、事業が失敗したり離婚したり。よくあるパターン。
中盤あたりから家族それぞれの目線でそのわけが語られ、それぞれの事情にうんうんとうなづきました。みんなやさしい人たちばかりです。そして明るい。私は春子の目線がよくわかる。そうそうなんだ!とうなづきながら、それでも前向きでユーモアがあって心が温かくなるような感じでした。目標春子のようなおばあさん!
克郎の結婚をハッピーーエンドに締めくくられたけど、それぞれの家族の事情がつくづく現代的で、おもしろかったなぁ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。