猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する海猫  谷村志穂

谷村志穂

☆☆☆☆☆
160

一気に読んでしまいました。
恋愛ものでこんなに一気に読んだのも久しぶり
たいがい途中でうんざりしてくるのに、忙しい中4日で読んでしまいました。バスの中、歩きながら、料理しながら・・・
あらすじを書くと面白くなくなりそうなので
出だしだけ、薫はロシア人との混血。「セルロイド人形のような」美しさで、かえって敬遠されています。孤独で、それでいて強くて「海猫」のような目をした女と表現されています。
その彼女が漁師の邦一と結婚し、幸せな家庭を築いていこうとします。そこに邦一の弟広次が絡んできて・・・
薫とその母タミ、薫の子ども達3世代にわたる女の一生の物語です。
映画化されたようなのでそちらの書評も読んでみました。
見てないのでよくわかりませんが、本だと性の描写も気にならないし、さらりとしています。登場人物それぞれが魅力的でした。私が好きだったのはやはり広次、仲村トオルとイメージが重なると最高かも(;^_^A
邦一が退院した日、広次が夜中に「いやだ」と泣いた様子が忘れられませんね?。邦一にしても薫を愛しているがゆえにこうなったといえば、何となくかわいそうな感じです。
そして残された娘二人、それに薫の母タミの生き方もまたよかったなぁ?


スポンサーサイト

この記事のみを表示する夜の公園  川上弘美

川上弘美

☆☆☆
159

この作品はとっても理性的な人、堅実な人には理解できないだろうなぁ。
自由奔放で、生活感がない。もっとしっかりしてよと言いたくなるかも。
でもね、若い頃のことを思い出してみると案外こんな感じだったかもと思うんです。こんな危うい、自分がどうしたいのかよくわからないというような、そんなところをさまよって、いろんなことに気づいていくというか・・・
だから「夜の公園」というタイトルはぴったりかも
昼間の健康的な空間が 夜はなにやらぞわぞわとした感じがする。

この記事のみを表示する砂漠  伊坂幸太郎

伊坂幸太郎

☆☆☆☆☆
158

社会に出る前の大学生活をかいた青春小説
面白かった?ほんとに面白かった。
しばらく伊坂さんを読もう!と次の作品を模索中。
大学生活をオアシス、外の社会を砂漠とたとえて
その4年間の友人、麻雀、合コン、バイトなどの日常の中に超能力あり、犯罪ありで繰り広げられる。
軽い話のようで、深みもあって
「人間にとって最大の贅沢とは、人間関係における贅沢のことである。」(サン=テグジュペリ)という言葉がこのお話のテーマかも・・・
「面白かったよ」ってすすめやすい作品

この記事のみを表示する余命  谷村志穂

谷村志穂

☆☆☆☆☆
157

私的には好きなタイプ
話の内容としてはよくある内容なのですが、主人公の滴も良介も好きなタイプ。両方に共感できるなんてあんまりないので星5つ。
外科医の滴が結婚10年目にして授かった小さな命。喜びもつかの間、若い頃患った乳がんが再発する。選択肢は2つ。
癌の治療をするために子どもを諦める
命を削って子どもを生む。
滴は後者を選択しました。外科医であるがゆえに自分のおかれた立場が死を意味することはわかります。
そばにいる良介は同じ医大生でしたが、医師にはならずカメラマンとして、滴を支えていきます。家庭は滴の経済力で成り立っているようなものですので、今の日本の考え方ではダメな旦那様かもしれませんが、私は大好きです。ホントはこんな選択肢がうらやましいかも。仕事に生きがいを感じている滴も良介の支えに感謝しています。だから幸せそう・・・。

でも、私に滴の選択ができたかどうか・・・。
生まれてくる子どもが幸せになれるか
残される旦那にとって子どもが邪魔にならないか
そう考えるからです。
でもそれができたのは、お互いに愛し合っているという繋がりがあったからなんですね。
信頼、尊敬、愛情そんな事をつくづく考えさせられました。
とっても綺麗な哀しいお話でした。

この記事のみを表示するレベル7   宮部みゆき

宮部みゆき

☆☆☆
156

サスペンスドラマを見ているような展開で面白かった。
でも半分あたり迄で「最後を読んで終わりにしようかな?」
なんて思うような感じでもありました。
思い直してちゃんと読みましたが、途中反転反転でやっぱり思ったとおりの結末でした。ちょっともの足りない。

「レベル7まで行ったら戻れない」と言葉を残して失踪したみさお。記憶を失って目覚めた若い男女の腕に浮かび上がった「Level7」の文字。この二面から物語が始まります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。