猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するあやしうらめしかなかなし

浅田次郎

☆☆☆☆
あやしうらめし・・・

「鉄道員」タイプの本かな
怖いといっても、何となく哀しみを感じるような本でした。
この世とあの世をさまよう者達の短編集

スポンサーサイト

この記事のみを表示する嫌われ松子の一生  山田宗樹

未分類

☆☆☆
嫌われ松子

☆三つだけど面白くて一気に読める作品です
始まりは松子が中学校の教師時代から。
松子の教え子龍洋一とのボタンお掛け違いから転落する。その設定があり得ない感じで、最後まで読めるかしら、という気がしたので☆三つです。
でもとても読みやすくて、飽きさせない本だとは思います。サスペンス劇場を見ている感じかな。
教師を辞めて失踪した松子を待っている人生は、転落の人生でした。親兄弟にも迷惑をかけ縁を切られます。でも、松子は子どもの頃から満たされなかった愛を求めて一生懸命生きたともとれます。
私がこの本でいいな、と思ったのは「松子の生き方」を追った笙とその彼女の変わり方です。ぜひここのところを読んでみてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。