猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する別れの後の静かな午後

大崎善生

☆☆☆☆
別れの後の・・・

久しぶりに読む大崎さんでした。
私の好きな「パイロットフィッシュ」に似た感じは、流れるような感じの文と言葉できれいだな・・・と騙されてるかも(^^*)
短編だけどおもしろかった。短い中に一つのテーマが静かにつたわってくる感じ。
「球運、北へ」の主人公はどうしようもない男性だけど、こういう時期ってあるのかなぁ・・・モラトリアムの時代。わかってても立ち直れない。行き着くところまでたどり着いて、ま、うまく立ち直ったけれどね。
大事なことを引き延ばして、ごまかして、やらない・・・もしかしたら今の私もある意味そうかしら?
「別れの後の静かな午後」は、やってきた静かな午後の感じがとてもやさしい。ライムポトスはアジアンタムを連想させるけどね。
「空っぽのバケツ」はちょっと考えさせられたな・・・詳しいことはカット
「ディスカスの記録」は読後が爽やか
「悲しまない時計」う?ん、
なんだか恋愛小説の感想を書くのは苦手でもう終わり。
だけど大崎さんらしい作品で、きれいでした。



スポンサーサイト

この記事のみを表示する佐賀のがばいばあちゃん  島田洋七

島田洋七

☆☆☆☆
がばいばあちゃん

息子の朝の読書本を盗み読み・・・です。
テレビや映画で何度も感動したので
本を読んでまた感動することがなくて残念
泉ピン子のイメージがぴったりで
本を読んでいても抜け出せず
映画を見ても原作は楽しめるんだけど
今回は泉ピン子から抜け出せませんでした・・・
それでもカットされたエピソードの中にもおもしろいものがあって
楽しく読めました・・・

人が生きていく上で大切なものは何なのか
そんなことが伝わってくるお話しでした
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。