猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する100回泣くこと  中村 航

中村 航

☆☆☆
100回泣くこと

シンプルでとても読みやすい。
それにこんな関係ステキだな?と思える2人。
飼っていた犬のブックが死にそうと聞いて
ブックが好きだった、バイクの音をよみがえらせる。
ステキな彼女と2人で暮らし始めて
彼女が癌にかかる・・・よくある話だけど感じがよかった
きっと2人の作ろうとしている関係が好きだったんだろうな。

スポンサーサイト

この記事のみを表示する2007年 マイベスト

年間Mybest

2007年4月から本を読むことがしんどくなってきました。
昼に結構な運動量ですぐ眠くなっちゃって・・・
だから50冊くらいしか読めていません。
植物の図鑑はかなり読んだよ 笑
その中で心に残っているのは

天と地の守り人(守人シリーズ) 上橋 菜穂子
くままさんからのお勧めの本
読書スランプの時ってこんな本いいですね。ずんずん読み進められます。
一気に最後まで読んだ感じです、とくに最後のこの巻は大好き。
一話一話広がっていく話の最終章です。
予想を裏切らない展開というのもなんだか気持ちのよい終わり方でした。

家守綺譚  梨木香歩
これはtodoさんに教えて頂いた本です。面白くてやめられないタイプの本ではないけれど
しっとりと心にとけ込んでくるようでした。
「つい百年ほど前の物語」。亡き友人の家に「家守」として住むことになった文筆家の綿貫と、彼に恋する百日紅、この世ならぬもの達との仲裁をする犬ゴロー、時々現われる亡き友、そして彼を取り巻く河童や妖怪、木や草の精、人魚などとの生活が趣深く、ユーモラスに語られています。
不思議なはずの光景が軽やかに28話。花の持つイメージとかなさって好きでした。


海猫  谷村志穂
これはすばるママさんかな?教えて頂いたのは。
ドラマ化されるほど面白かった、一気に読めます。
主人公薫はロシア人との混血。「セルロイド人形のような」美しさで、かえって敬遠されています。孤独で、それでいて強くて「海猫」のような目をした女と表現されています。
その彼女の生き方と・・・親子3世代にわたる、女の一生が描かれています。
興味深いのは残された2人の娘の話。


空飛ぶタイヤ  池井戸 潤
これはkeiさんの本棚から見つけた本。
このお話はフィクションですが、○○自動車リコール隠しを題材にしているようです。
主人公赤松の運送会社のトラックのタイヤが走行中に突然外れ、運悪く歩行中の母子に当たり死なせてしまったことが物語のはじまりです。序章からぐいぐいと引き込まれてしまいました。


余命  谷村志穂
外科医の滴が結婚10年目にして授かった小さな命。喜びもつかの間、若い頃患った乳がんが再発する。選択肢は2つ。
癌の治療をするために子どもを諦める
命を削って子どもを生む。
信頼、尊敬、愛情そんな事をつくづく考えさせられました。
とっても綺麗な哀しいお話でした。


名もなき毒 宮部みゆき
事件は青酸カリによる無差別殺人事件をきっかけに展開されますが、
「名もなき毒」というタイトルのように
話の内容は人間のはく「名もなき毒」がテーマなのかな。
この世の中には「うその毒」がごまんとある。詐欺だったり、
人がはく「ほんとの毒」もある
それが、うらみ、ねたみ、しっとからくるものだったり
どれも人の心をうまく理解しないと乗り切れない。

この記事のみを表示する最後の恋  角田光代 他8名

谷村志穂

☆☆☆
最後の恋


女性作家8人が書いた、人生に一度しか訪れないような恋の話。
1ヶ月もかかって読み終えました
はじめの数編がのらなくて・・・
でも松尾由美の「わたしは鏡」あたりから面白かったよ
「美容院で最後に使われる背面を写すための鏡の恋」に託して
性同一性障害の女の人の思いを書いてあります。
この「背面を写すための鏡の恋」、小説の中の小説なんだけど
これが良かったんだ。
片思い、片思いって切ないようだけど、いいなぁなんて思ったんです。
これは私個人のとらえかたかもしれないけどね、
なんだか、押しつけがましくなくて、迷惑もかからないし
他のもそれなりに読めたけど、
一つずつ感想を書くのがなんだかなんだかで
それで省略・・・笑



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。