猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するがばいばあちゃん

島田洋七

☆☆☆
めざせ甲子園

佐賀から広島へ めざせ甲子園
「がばいばあちゃん」の続きです。
佐賀を出て、広島の高校へ行き甲子園をめざします。
怪我で野球をあきらめ、仕事を変えながら漫才師へ、
でも半分は前の「がばいばあちゃん」と被ってる。
八百屋をして間違えてトラック5台分の白菜を競り落としたところなんか
面白くて笑ったんだけど、イマイチかな。
でもがばいばあちゃんの生き方はいいな?と思う。
もうちょっと考えてみよう・・・
スポンサーサイト

この記事のみを表示する海辺の散歩  大西靖子

未分類

☆☆☆☆
海辺の散歩

天草の海辺に暮らす日々の中から生まれた作品集
大西靖子は木版画画家さんです。
季節の花の版画もきれいな色で、よく観察していらっしゃるなと思います。
花の持つ雰囲気や色はもちろん、背景の色もきれいです。
だけど、私が好きなのは心の風景
印刷でなくほんものの色をみたい、そう思いました。
minoさんに教えていただきました、ありがとう。

他に花と心の彩り、野の花の四季もよかったよ

この記事のみを表示する中原の虹  浅田次郎

浅田次郎

☆☆☆
中原の虹

「蒼穹の昴」から読み続けたのだけど
西太后が亡くなってから引きつける力を持つ人物が少なくなりました。
2巻の後半から3巻まではとにかく4巻を楽しみに読みました
4巻で歴史は動くんだ・・・と思って期待して読んだからダメだったのかな?
愛新覚羅の話のところは特に理解するのに時間がかかった
やっぱり中国の歴史を知らないと楽しめないのかな。
というけで
張作霖はじめ、これまでの登場人物がそろって話が完結するところは
とても面白かったんだけど、何か物足りない。
何がもの足りないのか・・・
多分、私には難しかったんだろうと思います。
もう一度読めばおもしろみがわかるのかも。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。