猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する天国はまだ遠く  瀬尾まいこ

瀬尾まいこ

☆☆☆☆
天国はまだ遠く

自殺志願の千鶴が辿り着いたのは山奥の民宿。
睡眠薬自殺を図る。でも目覚めたら気分爽快、あれこれ悩んだ気持ちがウソのよう。仕事も彼氏もみんな切り捨てて、新しい一歩を踏み出すまでの準備期間の1ヶ月足らずのお話しです。舞台は山陰地方の山奥。自然の豊かさに抱かれた生活が千鶴を元気にしてくれました。そして側で見守ってくれた民宿の田村さんも魅力的。
植物は葉を蝕まれても、茎を折られても、踏まれても、なぎ倒されても起きあがろうと健気です。明るい方へと伸びていきます。そんな自然の強さの中で、ゆっくりと次のステップを見つけ出した千鶴。なんだかいいなぁ・・・そして民宿の田村さん、私が出会ったお友達のようです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。