猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する卵の緒  瀬尾まいこ

瀬尾まいこ

☆☆☆☆☆
卵の緒
第7回坊っちゃん文学大賞受賞作
瀬尾まいこさんの本を何冊か読んでみたけれど、これは一気に読んでしまえるくらい面白かった。表現がやさしくて、ストレートだからほんとにぐいぐい読んでしまえる。中には「卵の緒」と「7's blood」の2編が納められているが、どちらも片方しか血の繋がっていない兄姉の話。視点は子どもの側から家族の様子が語られている。

「卵の緒」・・・捨て子だと思っている小学校4年生の育生、妙ちきりんな母親、そのとぼけたボーイフレンド、不登校の同級生、血の繋がらない親子を軸に、「家族」を軽やかなタッチで描く。(「MARC」データベースより)
母親が育生を引き取ったいきさつもさることながら、この母親の軽快さは好きだ。こういう風に人生を紡いで行けたらステキだな、ボーイフレンドのことを育生に包み隠さず話す様子、へその緒の代わりに見せた「卵の殻」、不登校の友達のことどれをとっても桁外れ、面白い。

「7's blood」・・・異母姉弟の七子と七生が一緒に暮らし始めたわけ、暮らし始めてつながっていく二人の気持ち、そして別れ。これもまた心が温かくなるお話でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。