猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するさらば、夏の光よ

遠藤周作

☆☆☆☆
さらば夏の光よ

タクさんから教えていただいた本です。
さすがに時代の移り変わりを感じさせられました。30年前の感覚で読むとすごく感動したんだろうと思います。でも基本的な気持ちには変わりはないはず、表現がとても懐かしいというだけです。

背が低くて鈍いと女を愛する資格もないのか。心は優しいが女性にモテない野呂は悩む。明るく行動的な親友の南条は、野呂が密かに恋する同級生の戸田京子の心を掴んだ。微妙に翳る友情。そして8年が過ぎる。歳月は彼らの人生をどう変えたか。愛と哀しみの十字架を背負った3人の運命を描いた青春ロマン。(出版社/著者からの内容紹介)

あらすじを書くのが面倒なのでコピペでごめんなさい。
これだけ読むと、友人の恋人との三角関係ととらえられそうだけど、歳月が変えた3人の運命が遠藤周作らしい。
ひとりの人しか愛せなかった京子の気持ちはよくわかる。現代なら意に沿わない結婚はありえないから京子も生きやすかったのだと思う。当時の世間体や親子のあり方を考えると野呂と結婚した京子はし方がないとしても、どこかでピリオドを打てなかったのかと思ってしまう。生きていればまた幸せがくるかもしれない・・・それが考えられない時代だったんだろうな。
野呂の気持ちはどうしたらいいんだろう・・・どんなに人がよくても愛せないことは確かにあるかもしれない。でもお互いに分かり合える人にめぐり合うことができるはずだ。同じ悩みを持つもの同士かもしれない、野呂の優しさをわかってくれる人かもしれない・・・
この二人はもっと話し合いが必要だったのだろうな、こうなる前に。
と かなりドライ・・・美しい愛の物語かもしれない、でも私は生きるほうを選びたい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。