猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するメタボラ

桐野夏生

☆☆☆☆
メタボラ

話の筋とは別に、家族とはと考えさせられた本でした。
壊れていく家族、その中で生きようと必死にもがいている母と娘。死を選んだ父、そして集団自殺を図った主人公。前半はつまらなくはないが じつは興味を魅かれない対象の本だ・・・と思った。我慢して読んでいるうちに、主人公ギンジが記憶喪失になった背景がわかってきた。ジェイクやギンジの記憶喪失後の新しい生き方には興味はない。今時そんな話ごまんとあるだろう。
詳しく書くと、個人的な部分に触れそうなので書きたくない。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。