猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する花草木   外山三郎

植物

★★★

長崎県植物誌の著者、外山先生の本です。植物に関する本なら眠らずに読むことができるかな?と思って借りました。ちゃんと読み終えましたよ。
外山先生の植物に関する知識の広さ、文学的にも雑学的にも面白い本でした。
たとえば、シャリンバイは海岸に咲く花もきれいな強い植物です。公園なんかの生垣にピッタリ。この花はシーボルトによってヨーロッパに紹介されました。それが100年後オランダの女王様から長崎に記念樹として送られた木がシャリンバイ。それも樹齢100年ほどの老木ということで、100年を経て里帰りしたシャリンバイの話など興味はつきません。植物の好きな人にはおすすめかも。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。