猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する秋吉台で出会った花

植物

★★★★
たこさんの本

たこさんの秋吉台日記でおなじみの、たこさんの本です。
花調べをしていて、細かいところがよくわからず検索すると、たこさんのHPにヒットします。いつも助けられていたたこさんのページだから、本もきっと役立つかもとルンバルンバさんから求めました。

届いた本をみて、つい微笑んでしまいました。私が予想していた役立つ本というより、たこさんの12年間の思いがぎっしりと詰まった本です。短いコメントの中にお花に寄せる思いがつづられていて、読むのが楽しい。

「昨年(2009年)1年間では、秋吉台を320日歩き、1223種の花とシダ植物を確認し、このうち昨年新しく見つけた花とシダ植物は、43種でした。」(たこさんのHPより)すごいですね!

あ?、この人とならいろんなお花の話ができそう。めずらしい花だけでなく、身近にある人が雑草と呼ぶ草花もたくさんあります。外来の花も…シダも…なんだか私もあとを追ってる感じです。ちょっと嬉しくなるようなたこさんの本でした。

ルンバルンバさんから、書店にない本ですので求めたい人がいらっしゃればこちらからと案内していただきました。
http://www14.plala.or.jp/iruka-seikotsu/takosanbook.html
書店を通さないぶん、ずいぶんお安い価格に設定されています。送料コミで1260円!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。