猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するプリンセストヨトミ

万城目 学



☆☆☆


話題の本は、評判どおり面白いものとそうでないもの半々。この本は私には退屈な本でした。
それなりに話しの変化は面白いのだけど、登場人物にあまり魅力がなくてのめりこめませんでした。
感想・・・う~ん。パス!

あらすじ
四百年の長きにわたる歴史の封印を解いたのは、東京から来た会計検査院の調査官三人と大阪下町育ちの少年少女だった。秘密の扉が開くとき、大阪が全停止すると帯に書いてあるけど、父子の絆がこの話のテーマかしらん。

コメントの投稿

secret

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。