猫とワタシ

ほんの覚書

読書感想文を書くようで、ちょっと恥ずかしいんだけど ... ネタバレしないように書いてます。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する 模倣犯   宮部みゆき

宮部みゆき

52

やっと読み終えました。宮部さんの文は読みやすくて、すっと物語の中に引き込まれてしまいます。とくに第3部からは目が離せません。一気に読んでしまいました。
実は私、物語の流れよりも登場人物にひかれました。豆腐屋のおじいさんに、真一君に、石井夫妻に、被害者も加害者もみんな含めて・・・
ひと言ひと言を考えながら読んでいたら読むのに1週間以上かかりました。
そして、宮部さんの作品を父が読んでいた事を思い出し、私が忘れていたことを、思い出させてくれた場面もあります。本そのもののお面白さに加えて、自分自身の思い出も重なり、宮部さんの作品をもっと読んでみようと思いました。

コメントの投稿

secret

宮部作品も40冊くらい読んでます。”長い長い殺人”を立ち読みで
読んでしまったのがきっかけです。”鳩笛草”「燔祭」の続きの”クロスファイア”は、朝の通勤電車を降りそこなった作品。”模倣犯”は、図書館の厚い本で読んだので筋肉が付いた気がした。

takoさんへtakoさんへ

takoさん、こんばんは
takoさんは読むのが早いですか?それとも凝り出すと止まらないタイプ。私は宮部さんの模倣犯から読みはじめたのですが、ドラマから見た作品はイマイチのめり込めないので、まず本から読みました。時には最後まで読んでその面白さがわかったりして、途中挫折しそうになったりもします。どちらかというとゆっくり読みます。だからtakoさんのような読み方覚えたいなぁと羨ましく思います。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。